Geeklogのヘッダーテンプレートheader.thtmlにCache一括削除ボタンを追加する

Geeklog
投稿者: 表示回数2,488 印刷用ページ

Geeklog2.0よりCacheが対応。コンテンツを修正したのに表示が切り替わらない。テンプレートを修正したのに、表示がおかしい、管理画面の表示が古い、などなど、Cacheが不用意に残ってしまったために数々の不具合が発生しがちです。

そのような場合いちいち管理ブロックのキャッシュ一括削除リンクをクリックするのは面倒なので、ヘッダに追加すると便利です。

追加方法


	    <?php if(SEC_inGroup('Root')){ ?>
			<li><a type="button" href="{site_url}/admin/clearctl.php">Clear Cache</a></li>
		<?php } ?>
	    <?php if(SEC_inGroup('mediagallery Admin')){ ?>
			<li><a type="button" href="{site_url}/mediagallery/">Gallery</a></li>
		<?php } ?>

グループ管理画面を確認して適した管理グループ名を設定してください。

静的ページPHPによるお問い合わせフォーム2.1.8

Geeklog
投稿者: 表示回数5,114 印刷用ページ

お問い合わせフォームのダウンロードは、こちらから。

http://hiroron.com/downloads/index.php/sp-formmail

文字数のmin maxの指定、半角チェック、必須チェックなど、多機能です。

    array('header' => 'メールアドレス',
          'valid_require' => $required_string, 'error_require' => 'メールアドレスが入力されていません',
          'valid_hankaku' => 'q_mail', 'error_hankaku' => 'メールアドレスはすべて半角で入力してください',
'valid_maxlen' => 'q_mail=240', 'error_maxlen' => 'メールアドレスの文字数は240桁以下にしてください。',

jQuery ローディングプラグインwaitMeをGeeklogにインストールする

Geeklog
投稿者: 表示回数5,693 印刷用ページ

jQuery ローディングプラグインwaitMeを配布元サンプルを参考にinputタグで実行できるよう変更しGeeklogでの変更方法を紹介します。

配布元サンプルは、

<button type="button" id="demo">Submit</button>

で実行しますが、ここでは、input type="submit"にて実行するように変更しました。

<input type="submit" value="Go"  id="demo" >

UIkit サンプルサイト

Geeklog
投稿者: 表示回数4,396 印刷用ページ
Front-end framework には、Bootstrapが良くつかわれますが、UIkitは、すべての関数、classにuk-という前置子が使われるのでコンフリクトすることが少なく、使いやすいのがメリットです。

UIkit
http://getuikit.com

UIkitのカスタマイザーで、スタイルをカスタマイズしてダウンロードして活用します。

UIkitカスタマイザー
http://getuikit.com/docs/customizer.html

ショーケース:
http://getuikit.com/showcase/index.html

アイビー・ウィー開発事例:
http://www.ivywe.co.jp
http://www.ivysoho.com
http://www.geeklog.jp

FileZillaの便利な活用方法

Geeklog
投稿者: 表示回数8,960 印刷用ページ
FileZillaは、 FTPクライアントとしておすすめです。
Windows、Linux、Mac OS X が用意されています。
http://sourceforge.jp/projects/filezilla/
※FileZillaは、GPLを適用して配布されているオープンソースです。

設定済みの、サイトマネージャーのエントリーや接続の設定などをファイブファイルのXMLファイルにエクスポートしておけば、さまざまな環境でインポートして作業でき、PCの乗り換えなどでも困りません。
FTP、SFTP、FTPS(FTP over SSL/TLS)をサポートしています。

1 1. FileZillaの初期設定を変更する


1 1-1. ダブルクリック時の動作


ダブルクリック時の動作や、転送時のファイルの変換設定など、最初に設定しておくと便利です。


ファイルのダブルクリックでファイルの表示・編集、ディレクトリのダブルクリックでディレクトリに移動する場合の設定

1 1-2. 既定の転送の種類をバイナリにする


Windowsでは、テキストモードで転送すると改行コードがLFからCR/LFに変換されてしまいます。
GeeklogのソースはLFで統一されています。
LFのままで編集したいので、モードはすべてのファイルをバイナリーモードで転送設定します。


既定の転送の種類をバイナリにする

1 2. 公開鍵認証を使ってSSH(SFTP)接続も可能


SSHで接続も可能です。

公開鍵認証を登録して利用します。

自動タグと自動タグプラグイン(Autotags plugin)

Geeklog
投稿者: 表示回数1,889 印刷用ページ
Geeklogの記事はテキスト形式で書くのが簡単なのでおすすめです。
ただ、一部だけHTMLの記述を差し込みたい、といった場合、その記述のためだけにHTML形式にするのではなく、そのような場合は、HTMLの記述部分を、自動タグプラグイン(Autotags plugin)をインストールして、自動タグを新規登録し、それを記事に追加する方法があり、大変便利です。

例)
http://www.ossj.jp/article.php/newsletter-20140424

また、画像の挿入は、メディアギャラリーの豊富な画像登録機能を使って登録しておき、メディアギャラリープラグイン(Mediagallery plugin)が提供する豊富な自動タグ、"media"などで記事に差し込むのが便利です。