Copyrightの記述

Diary
投稿者: 表示回数87 印刷用ページ

Copyrightの記述について、日本は万国著作権条約に加盟しているので本来記載不要ですが、今までの慣習からフッタにないと収まりが悪いかもしれません。 また、Copyrightと(c)は被っているので、(c)だけで大丈夫です。

All right reservedは古いブエノスアイレス条約で必要だったのが残っているだけで今では不要なので記載不要です。 年表記については、いつから、が必要なのですが、古い年号だけだとサイトが動いていないような印象を受けるので、2014-2020というように表記するのが無難でしょう。

現在の年号を毎年書き換えるのは面倒なのでjsで以下のように記述します。


<small>&copy; 2014-<span id="thisYear"></span> xxx inc.</small>

<script type="text/javascript">
  date = new Date();
  thisYear = date.getFullYear();
  document.getElementById("thisYear").innerHTML = thisYear;
</script>

実行した結果:
© 2014- xxx inc.

参考:
https://hajipion.com/2288.html

dataTablesを活用した物件検索

Diary
投稿者: 表示回数10,962 印刷用ページ
これはdataBoxのカテゴリのテンプレートnavigation_detail.thtmlにdatatables用に記述する例です。 参考にしたページ: http://www.datatables.net/examples/plug-ins/range_filtering.html

dataTables で良く使うプラグインなどのリンク集

Diary
投稿者: 表示回数2,315 印刷用ページ
dataTables でcheckbox radio botuunを追加する方法:
http://plnkr.co/edit/45hOwYG13VAooKfPPAw3?p=preview

dataTables で範囲指定の機能を追加する方法:
http://www.datatables.net/examples/plug-ins/range_filtering.html

dataTables 正規表現で数値と小数点以外は削除する方法 formatted-num:
http://datatables.net/plug-ins/sorting/formatted-numbers

dataTables で、カンマ書式数値テキストを数値変換する方法 numeric-comma:
http://sprymedia.co.uk

Libre Office 空白セルをCSV書き出しで0にしない方法

Diary
投稿者: 表示回数3,537 印刷用ページ
Libre Office で単なる参照の数式が入っている場合、元のセルが空白でも0値が表示される場合は、オプションで、0値を表示する のチェックをはずします。

CSVで書き出したとき、数式があるものの空白セルであっても0でかきだされる場合は、書き出すセルの書式を、ユーザー定義「#;#;」に指定します。


IEでHTML5 ウェブ アプリケーションを活用するためのメタタグ

Diary
投稿者: 表示回数3,753 印刷用ページ

Google Chrome Frameは、Internet Explorer 内で最新の HTML5 ウェブ アプリケーションを楽しむことのできる無料のプラグインです。

Geeklogでは、header.thtmlに、以下のメタタグを追加するだけです。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge,chrome=1">

ログイン状態を判断をテンプレートに埋め込む方法

Diary
投稿者: 表示回数3,650 印刷用ページ
Geeklog 2.1.0からCaching Template Libraryが導入され、テンプレートに、"anonymous_user"を活用して条件文を埋め込むことができるようになります。
      <div id="navigation">
        <ul>
          {!if anonymous_user}
	      <li id="cmitem-MediaGalleryHotel" class="menuitem "><a href="{site_url}/users.php"
title="{$LANG01[58]}">{$LANG01[58]}</a></li>
          {!else}
            <li class="menuitem"><a href="{site_url}/users.php?mode=logout"
title="{$LANG01[35]}">{$LANG01[35]}</a>
	    <ul>
	      <li id="cmitem-MediaGalleryHotel" class="menuitem "><a href="{site_url}/usersettings.php"
title="{$LANG01[48]}">{$LANG01[48]}</a></li>
	    </ul>
          {!endif}

          {menu_elements}
        </ul>

Caching Template Libraryについて詳しくはこちら

最初 | 前へ | 1 2| 次へ | 最後