PDF各種変換、結合などのクラウドサービスサイト「smallpdf」

Geeklog
投稿者: 表示回数1,779 印刷用ページ
smallpdfは、PDFを変換、分割、結合などができる、スイスで開発されたウェブサービスです。

http://smallpdf.com/jp

smallpdf PDF結合サービス
smallpdf PDF結合サービス
PDFファイルを複数ドラッグするだけで結合されたPDFをダウンロードできます。
smallpdf TOPpage
smallpdf TOPpage
PDFの各種変換サービスを無料で提供しています。


PDFをドラッグするだけで、変換されたファイルがダウンロードできます。

提供しているサービス:
PDF 圧縮
PPT PDF 変換
PDF PPT 変換
JPEG PDF 変換
PDF JPEG 変換
Excel PDF 変換
PDF Excel 変換
Word PDF 変換
PDF Word 変換
PDF 結合
PDF 分割
PDF ロック解除

Geeklogで初期設定しておきたい自動タグプラグインの便利な使い方

Geeklog
投稿者: 表示回数1,892 印刷用ページ

自動タグプラグイン(Autotags plugin)をインストールしたら、よくつかう自動タグを最初から用意しておくと便利です。そうすることにより、記事をテキストモードで記述しながらリッチなコンテンツを作成できます。

キャプション

caption
<div class="uk-text-bold uk-text-center">#0</div>
e.g.
[ caption:キャプション ]
Demo
キャプション

テキストのセンタリング

center
<div class="uk-text-center">#0</div>
e.g. [ center:センタリングテキスト]
Demo
センタリング

ドメイン

domain
www.example.com
 例) www.ivysoho.net ※Facebook widjetなどをテンプレートに記述する際に利用
e.g.
[ domain: ]

外部リンク

extlink
<a href="#1" class="ext-link" target="_blank">#2</a>
e.g.
[ extlink:http://example.com Example ]
Demo
Example

掲示板センターブロックを表示

forumcenterblock
PHPで置換にチェック
return CUSTOM_centerblock_forum ($p1);
※custom_centerblock_forum.php を設置してください。
ダウンロード:  GitHub
ファイル:/private/system/custom/custom_centerblock_forum.php /private/system/lib-custom.php

h2タグ

h2
<h2 class="uk-h2">#0</h2>
e.g.
[ h2:h2タグ]
Demo

h2タグ

h3タグ

h3
<h3 class="uk-h3">#0</h3>

h4タグ

h4
<h4 class="uk-h4">#0</h4>

pdf

pdfをページに展開表示

<div class="uk-margin-top uk-visible-large">
<a class="embed-large" href="http://www.example.com/images/library/File/#1" target="_blank" style="cursor:default; color: #444"></a> </div>

<div class="uk-margin-top uk-visible-medium">
<a class="embed-medium" href="http://www.example.com/images/library/File/#1" target="_blank" style="cursor:default; color: #444"></a> </div>

<div class="uk-margin-top uk-visible-small">
<a class="embed-small" href="http://www.example.com/images/library/File/#1" target="_blank" style="cursor:default; color: #444"></a> </div>
/vendor/jquery-gdocsviewer/に、GitHub の/vendor/jquery-gdocsviewer/以下をアップロード。
footer.thtmlに以下を追加
必ずjQuery本体をロードした後に挿入してください。

<!-- PDF { -->
<script type="text/javascript" src="{layout_url}/vendor/jquery-gdocsviewer/jquery.gdocsviewer.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
/*<![CDATA[*/
$(document).ready(function() {
  $('a.embed-large').gdocsViewer({width: 600, height: 600});
  $('a.embed-medium').gdocsViewer({width: 500, height: 500});
  $('a.embed-small').gdocsViewer({width: 300, height: 300});
  $('a.embed-large2').gdocsViewer({width: 600, height: 600});
});
/*]]>*/
</script>

テキストの右寄せ

right
<div class="uk-text-right">#0</div>

話題へのリンク

topic
PHPで置換にチェック
コンテンツは空白。


Favicon 自動作成サービスサイト

Geeklog
投稿者: 表示回数2,264 印刷用ページ

写真や画像から簡単に各種faviconを作成してくれるWebサービスはこちら。

Favicon Generator

256ピクセル以上の正方形の画像をアップロードして作成します。

iPhoneやiPad、Androidで使われるWebクリップ用のアイコンもこれで一度で作成できて大変便利です。

zip形式でダウンロードしたファイルをサーバーにアップロード。header部分に同梱しているhtml形式のソースを張り付けるだけです。Geeklogの場合は、テーマのheader.thtmlに以下のように、{site_url}{xhtml}タグを追加します。

<!-- Favicons Generated with favicon.il.ly -->
<link rel="icon" sizes="16x16 32x32 48x48 64x64" href="{site_url}/favicon.ico"{xhtml}>
<!--[if IE]>
<link rel="shortcut icon" href="{site_url}/favicon.ico"{xhtml}>
<![endif]-->
<!-- Optional: Android & iPhone-->
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" href="{site_url}/favicon-152.png"{xhtml}>
<!-- Optional: IE10 Tile.-->
<meta name="msapplication-TileColor" content="#FFFFFF"{xhtml}>
<meta name="msapplication-TileImage" content="{site_url}/favicon-144.png"{xhtml}>
<!-- Optional: ipads, androids, iphones, ...-->
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" sizes="152x152" href="{site_url}/favicon-152.png"{xhtml}>
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" sizes="144x144" href="{site_url}/favicon-144.png"{xhtml}>
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" sizes="120x120" href="{site_url}/favicon-120.png"{xhtml}>
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" sizes="114x114" href="{site_url}/favicon-114.png"{xhtml}>
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" sizes="72x72" href="{site_url}/favicon-72.png"{xhtml}>
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" href="{site_url}/favicon-57.png"{xhtml}>

URL一致の正規表現

Geeklog
投稿者: 表示回数1,288 印刷用ページ

デリミタとして @ を使う場合、URL一致の正規表現は以下のようになります。

http://www.geeklog.jp に一致する正規表現:

@^http://www\.geeklog\.jp$@

Custommenu カスタムメニュープラグインで活用できます。

UIkitのAccordion(折り畳み機能)

Geeklog
投稿者: 表示回数1,957 印刷用ページ

フロントエンドフレームワークUIkitのAccordion(折り畳み機能)は便利です。 uk-nav-parent-iconで、折り畳みの状態を表示。

<ul class="uk-nav uk-nav-parent-icon" data-uk-nav="{ multiple: true }">
	<li class="uk-parent">
		<a href="#">DEMO1</a>
		<ul class="uk-nav-sub">
			<li>...</li>
			<li>...</li>
			<li>...</li>
		</ul>
	</li>
	<li class="uk-parent">
		<a href="#">DEMO2</a>
		<ul class="uk-nav-sub">
			<li>...</li>
			<li>...</li>
			<li>...</li>
		</ul>
	</li>
	<li class="uk-parent">
		<a href="#">DEMO3</a>
		<ul class="uk-nav-sub">
			<li>...</li>
			<li>...</li>
			<li>...</li>
		</ul>
	</li>
</ul>
※Geeklogのテンプレートに記述するときは、{ の後にかならず空白を追加してください。{で囲むとテーマ変数処理をするため、その処理をしないようにする必要があります。

多言語サイトでテンプレートに自動タグで静的ページの内容を読み込む方法

Geeklog
投稿者: 表示回数1,359 印刷用ページ
テンプレートに、自動タグで、静的ページの内容を読み込む場合は、以下のように記述します。
{!!autotag staticpage_content:XXXXX !!}
多言語サイトでテンプレートに記述する際に、自動タグで言語別に用意された静的ページ"XXXXX_言語ID"の内容を読み込む場合に以下のようにすると、対応した言語のコンテンツを読み込むことができます。
<?php echo PLG_replaceTags('[staticpage_content:XXXXX_'.COM_getLanguageId().']'); ?>

dataBox 検索について

Geeklog
投稿者: 表示回数1,340 印刷用ページ

データのAND検索、OR検索機能が追加されましたが一部説明を追加します。

テーマは、/layout/テーマ/databox/にアップロードして、コンフィギュレーションにてテーマのパスを標準からテーマ に切り替えて利用すると便利です。

さて、検索関係は、以下のディレクトリにテンプレートがあります。

/layout/テーマ/databox/templates/search/default

テンプレートファイルの役割:

argument.thtml
検索form
col_detail.thtml
検索結果のデータのコンテンツ 通常category のcol_detail.thtmlをそのままコピーすればOK
headercode.thtml
ogpをセット。すべてのアトリビュートをここに記述できるので、og:imageなどセットできます。
list_detail.thtml
検索結果がある場合のページ全体のレイアウト
navigation_detail.thtml
検索結果の要素をリスト
nohit.thtml
検索結果が無い場合のページ全体のレイアウト
pagenavigation.thtml
ページナビゲーション
row.thtml
要素の1行区切り 通常空白

argumant.thtml 補足

OR検索の場合

<!--gor_X カテゴリグループid=Xのカテゴリを複数指定する OR条件 -->
{gor_X}<input name="gor_X[]" value="" type="hidden">

AND検索の場合

<!--gand_X カテゴリグループid=Xのカテゴリを複数指定する AND条件 -->
{gand_X} <input name="gand_X[]" value="" type="hidden">

※X: Group ID(1,2,3.... )

自動タグ: [ databox:search 検索の引数(ただし[]部を除く)]

検索自動タグを静的ページに記述するdemo:

https://www.ossj.jp/staticpages/index.php/oss

dataBox を含んだGeeklog一式のダウンロードはこちらから。

https://github.com/ivywe/geeklog-ivywe

なお、/layout/テーマ/databox/templates/search/defaultは、/layout/テーマ/databox/templates/search/にdefaultを元に複数テーマを追加することができます。

UIkitをBootstrapテーマの管理画面やUIkitを使っているMediagalleryだけに追加する

Geeklog
投稿者: 表示回数1,921 印刷用ページ
UIkitをBootstrapテーマの管理画面やUIkitを使っているMediagalleryだけに追加する場合は、以下のようにheader.thtml footer.thtmlに記述します。
<?php $url_current = COM_getCurrentURL(); if( ( strpos( $url_current,
'/admin/' ) !== false ) ||  (strpos( $url_current,
'/mediagallery/' ) !== false ) ){ ?>

<!-- /admin/ や/mediagallery/ では呼びたい、UIkitなどのCSSやJS -->
<link rel="stylesheet" href="{layout_url}/vendor/uikit/css/uikit-ivywe.css"{xhtml}> 


<?php } else { ?>

<!-- /admin/では呼びたくない、BootstrapなどのCSSやJS -->

<?php } ?>

Geeklogのsite_urlを複数で表示するためのhack

Geeklog
投稿者: 表示回数1,975 印刷用ページ

EasySCPを活用したサーバーでは、ドメインに対して代替URLを提供しています。

開発中のサイトをリニューアル公開以前には、代替URLを活用して表示できます。

両方で表示できるためのハックはこちら。

lib-common.phpの100行目あたりを変更します。

from:

$_CONF = $config->get_config('Core');
to:

$_CONF = $config->get_config('Core');

if (strpos($_CONF['site_url'], $_SERVER['SERVER_NAME']) === false) {
 if (strpos($_SERVER['SERVER_NAME'], 'vu20XX.admin.XXX.com') !== false) {
  $substitute_domain='vu20XX.admin.XXX.com';
  $_CONF['site_url']          = 'http://'.$substitute_domain;
  $_CONF['site_admin_url']    = 'http://'.$substitute_domain.'/admin';
  $_CONF['layout_url']        = 'http://'.$substitute_domain.'/layout/'.$_CONF['theme'];
  $_CONF['site_disabled_msg'] = 'http://'.$substitute_domain.'/japanize/disabledmsg.html';
  $_CONF['cookiedomain'] = empty($_CONF['cookiedomain']) ? '' : str_replace($_SERVER['SERVER_NAME'], $substitute_domain, $_CONF['cookiedomain']);
 }
}